Lemmy対応

オープンソースのリンクアグリゲータ、Lemmyに対応しています。

リンクアグリゲータとは?

国内の同種のサービスとしては、はてなブックマーク(縮めて「はてブ」とも)が有名と思います。
リンクアグリゲータを使って、気になったサイトやページをブックマークできます。保管したブックマークは、個人的に溜め込むもよし、積極的に公開するもよし。
リンクアグリゲータとは、そんな、ネットワーク対応のブックマークサービスです。

どんなことが出来る?

Lemmyは、Mastodonのようなコミュニティ指向が、はてブ以上に強いリンクアグリゲータです。
デルムリン丼のブックマーク機能を使ってますか?Mastodon 3.1の目玉機能だったブックマークですが、一覧画面はそれほど高機能なものではありません。
Lemmyとデルムリン丼を一度連携させれば、それ以後、ブックマークの写しをMastodonだけでなくLemmyにも残せる様になります。より高機能なLemmyを使って、ブックマークを管理できます。

私は、デルムリン丼以外に2つのMastodonを管理しています。(他にもいろいろ)
その全てがLemmyと紐づけられており、ブックマーク操作を行うとLemmyに集約されるようになっています。便利。

Lemmyインスタンスを選ぶ

国内のLemmyインスタンスは多くないようです。

デルムリン丼では、機能面で連携の予定のある鴉は拠り所について語り合うの利用をお勧めしています。これ以降の説明も、このインスタンスを利用するものとして進めます。
まずは、鴉は拠り所について語り合うアカウントを登録してください。(以下)

個人用コミュニティ

ブックマークの保存先となる、個人用のコミュニティを作成してください。
デルムリン丼でブックマーク操作を行うと、Mastodon本来のブックマークとは別に、このLemmyコミュニティにもブックマークが溜まっていきます。

個人用コミュニティとは、何だか矛盾した響きですが。

また、 コミュニティの「名前」を「ユーザー名」と同じものにしない様に 注意してください。Mastodonとの連携機能が全て誤動作します。
例えば、poozaというユーザーの個人用コミュニティとしてpoozaという名前のコミュニティを作ることは避け、pooza1などの別の名前で登録する様にしてください。

デルムリン丼からLemmyに接続

モロヘイヤHOMEを初めて利用する方は、最初にトークンの登録を行ってください。
もし済んでいたら、環境設定仮面から設定を行います。

設定する項目は以下の3つ。

  • URL鴉は拠り所について語り合うのURL、https://lm.korako.me を指定。
  • ユーザーID :アカウント登録に使用したユーザーID、またはメールアドレス。
  • パスワード :同、パスワード。

更新ボタンを押下。入力に誤りがなければ、保存先コミュニティが選択できるようになります。
コミュニティ選択まで行わなければ設定は完了しません ので、ご注意下さい。

コミュニティを選択して、もう一度更新ボタンを押下。
ここまでの設定で、デルムリン丼で保存したブックマークがLemmyにも残せるようになります。

よくある質問

名前の由来?

デルムリン島という地名については、由来の説明は不要ですよね。縮めてデル丼とでもお呼びください。
ところでこのドメイン名、よく取れましたね。管理人もびっくりしてます。

モロヘイヤ?

https://github.com/pooza/mulukhiya-toot-proxy

管理人が開発している、Mastodonインスタンスに機能追加を行うツールです。デルムリン丼の大半の独自機能は、Mastodonの本体改造ではなく、モロヘイヤの機能として実装されています。
外部ツールという手法。元々は「本体改造は、一度追加した機能を維持するのが難しくなり、収拾がつかなくなる」という消極的な理由で選ばれていましたが、たまたま功を奏して、モロヘイヤは今では、MastodonだけでなくMisskey、Pleroma、めいすきー(Misskeyのフォーク)にも対応しています。

インスタンス?サーバー?

本当は「サーバー」なのは承知していますが、管理人は「インスタンス」で統一しています。以下の理由があります。

  • サーバーと呼ぶのは、Mastodonだけのローカルルールです。私やデルムリン丼のアイデンティティは、MastodonではなくFediverseの一員であるので、より一般的なインスタンスのほうが適切です。
  • サーバーは「物理的なサーバ機」を指すこともあったり等、他にも多くの意味を持つ言葉です。厳密に区別しながら使い分けて会話をしたい場合に、好ましくない用語と感じます。

ハッシュタグの編集

自分の投稿に対して、あとからハッシュタグの追加や削除を行うことが出来る様になりました。
Mastodon 3.5以降、投稿本文の編集が内部的に実装されましたが、これを利用した機能です。

「デルムリン丼関連リンク」から呼び出す

投稿を押下してください。

投稿から呼び出す

タグづけを選んでださい。
この操作ができるのは、自分の投稿に対してだけです。

タグ編集画面

以下の様な画面が表示されます。タグの編集から、ハッシュタグの追加・削除を行ってください。
モロヘイヤHOMEを初めて利用される方は、トークンの登録を行ってください。

Mastodon 3.5と同時に適用される独自機能

Mastodon本体への修正

3.5.0リリースに伴うMastodon本来の更新

ローカルタイムラインの廃止

  • WebUIからのリンクを削除しました。
  • デフォルトハッシュタグ #delmulinがデルムリン丼にとってのローカルタイムラインですので、代わりに利用して頂ける様お願いする次第です。
  • 機能自体は残っているので、スマホのMastodon専用クライアント等からは利用できると思います。

投稿文字数の制限

  • 今までは600文字が上限でしたが、自動付与されるタグの増加に伴って800文字に拡張しました。
  • 直接入力できる文字数は500文字のままです。 ハッシュタグも加えた、投稿全体の文字数が800文字になったという意味ですので、ご承知ください。

#実況タイムライン

  • 試験的にリンクを設置していましたが、あまり使い勝手がよくなかった為に削除しました。

モロヘイヤの機能

投稿の編集

  • 投稿後に投稿画面から、不要なハッシュタグを削除したり、付与し忘れたハッシュタグを加えたり出来る様になりました。
  • 今までモロヘイヤHOMEを利用したことがなければ、トークンの登録を行ってください。
  • WebUIの「デルムリン丼関連リンク」の中にも、投稿画面へのリンクを設けました。

動作状況

正常動作が常時監視されているデルムリン丼ですが、主要な監視項目を皆さんに公開しています。

デルムリン丼の異常は常時通知される為に、 管理人が寝ていたり 、スマホすら手元にない状況ではない限りは、異常に気付かないことはほとんどありません。
万一気付いてなさそうと思われたら、緊急の連絡先にご連絡頂けると幸いです。

全監視項目の一覧

https://uptime.mstdn.delmulin.com

UptimeRobotを使用しています。
デルムリン丼で公開している監視項目を一度に確認できます。

個別の監視

上記一覧にあるそれぞれの監視項目について、詳細が確認できます。

Mastodon

https://mstdn.delmulin.com/health
https://mstdn.delmulin.com/api/v1/streaming/health

下のほうは、ストリーミングAPIのもの。
これが止まるとホーム等のタイムラインが自動で流れず(スマホアプリ含む)、ブラウザ再読み込み等が必要になります。

異常がなければOKだのSuccessだのと表示されるだけで、付加情報は特に表示されない様ですw

モロヘイヤ

https://mstdn.delmulin.com/mulukhiya/app/health

モロヘイヤとその構成要素(Sidekiq, PostgreSQL, Redis)の状態を併せて表示します。
Sidekiqのヘルスチェックは、再起動後(最長で数分)にしばらく503を返します。たとえ503を返していても、しばらく待ってOKに変われば正常動作です。

モロヘイヤが止まると、投稿ができなくなります。大変なのです。

メディアカタログ

投稿されたメディアファイル(画像、動画、音源)を一覧にする機能です。
イラスト等を一覧し、オリジナルのファイルを素早くダウンロードすることを目的に作った個人的な機能です。

https://mstdn.delmulin.com/mulukhiya/app/media

魂の絆関連

ページ先頭に、「ダイの大冒険魂の絆」の著作権表示を含む、魂の絆ページへのリンクを追加しました。

カタログページの更新

  • 新しい画像の投稿後、大体1分以内でカタログページが更新(=キャッシュの作成)されます。更新を待たずにページを開くと、更新完了までの数十秒間待たされることになります。
  • 自動で作成されるキャッシュは、1ページ目だけです。2ページ目以降は、そのページを最初に開いたユーザーが作成することになります。2人目以降は、この時に作られたキャッシュを利用できます。
  • 毎朝3時頃にもキャッシュの更新が行われます。この際、2ページ目以降のキャッシュはクリアされます。

仕様は将来変更される可能性があります。

著作権自動注釈

「ダイの大冒険魂の絆」(魂の絆)のリプレイ画像の投稿について、支援機能を提供します。

使い方

  • 公開の範囲は、一番範囲の広い「公開」にしてください。
  • ハッシュタグ #ダイ大魂の絆 を本文に含めてください。
  • 本文中に、単に 魂の絆 と書くのでも良いです。この場合も、 #ダイ大魂の絆 タグが文末に追加されます。

この条件を満たした投稿が画像を含む場合、文頭に以下の文言が追加されます。

1
2
※画像有 著作権表示 参照のこと
https://blog.delmulin.com/articles/%E9%AD%82%E3%81%AE%E7%B5%86/

以下、サンプル。

https://mstdn.delmulin.com/@pooza/107293448836211583

関連機能

メディアカタログもご利用ください。

技術的な詳細

近々、GitHubのWikiに追記します。